フコイダンのことを詳しく紹介しています!

フコイダンを始めよう。

 

TOPページ
フコイダンの産地トンガ
フコイダンの効果
フコイダンと免疫力
フコイダンと胃の関係
フコイダンとアミノ酸
フコイダンの飲用量
フコイダンの選び方
フコイダンのQ&A
がんの予防方法
ご意見・ご感想




フコイダンってなに?

「フコイダン」とは、モズクやワカメなど、海藻の表面がヌルヌルしたもののこと
です。このヌルヌルの中に、フコイダンが含まれています。
フコイダンという物質は、1913年にスウェーデンのキリン氏という学者により
発見されました。 その当時の名前は「フコイジン」と言われいました。
100年近くも昔に発見されていたフコイダン。
しかし、 その効果が注目されるようになったのは本当に最近の出来事で
1996年です。
1996年、第55回日本がん学会で、フコイダンに抗がん作用があるという研究
結果が報告されたのです。

このサイトでは、フコイダンについて詳しく紹介していきますので、フコイダンを
利用して、健康な生活を取り戻して下さいね。

まずは、フコイダンの基本的なことを見ていきましょう。

紀州の梅干専門店
食通の有名人もご用達の梅干や遠赤外線でじっくり焼き上げた焼き梅はいかがですか?

 

フコイダンの物質って?

フコイダンは化学的には
「硫酸化多糖類(りゅうさんかたとうるい」というものに属しています。

この海藻にあるヌルヌルしたフコイダンは、海藻にとって大切なもので、自分の
身を潮の流れから守ったり、微生物に食べられないように自分自身を守るため
のバリアの役目を果たしています。
フコイダンの構造は、糖のまわりに硫酸基という物質をたくさん持っています。
これがフコイダンの大きな特徴といわれています。

この硫酸基というものは、単体での特質としてはヌルヌル状の状態を作り出した
り、保湿をしたりする活動があります。保湿効果がとても高いので、フコイダンは
化粧品にも使われていて、人気もあります。化粧品と言えば、肌の荒れ、アトピーが気になる人はアトピー性皮膚炎用サプリもオススメです。

フコイダンが注目浴びるようになったのはなぜ?

1996年 第55回日本癌学会で発表された

「フコイダンの酵素分解物により誘導された ヒト胃癌と結腸癌細胞のアポ
トーシス」

という論文の発表でした。
この発表が、革命的なものになって、フコイダンが大注目されるようになった
のです。フコイダンの研究は色々な分野の学者が、多方面で行うようになって
全世界で言いますと、フコイダンについての100種類以上の論文が発表され
ています。もちろん現在も研究は進んでますので、もっと革命的な結果が
出るかもしれませんね。

フコイダンを多く摂取できる海藻って?

フコイダンが海藻に含まれているのは分かって頂けたと思います。でも海藻に
は、昆布やわかめ、もずく、めかぶ、ひじきなどいろいろありますよね。
海藻ならどれでもフコイダンが、たくさん含まれているのかというと、そうでは
ないんです。海藻の種類よって、含まれるフコイダンの量はもちろん変わって
きます。

では、どの海藻が一番多くフコイダンが含
まれているのでしょうか。
それは、断トツでもずくです!
もずくは、フコイダン 含有量が他の海藻類
に比べてとても多いだけではなく、
ミネラルバランスにも優れています。
なんといっても、体に大切なアミノ酸や、
食物繊維、ミネラル分をバランスよく
含んでいます。

もずく

Valuable information

プリザーブドフラワーを贈るなら

ギフト用プリザーブドフラワー

ライブハウスを東京で貸し切る

日付印を作るなら

 

 

TOPページフコイダンの産地トンガフコイダンの効果フコイダンと免疫力フコイダンと胃の関係
フコイダンとアミノ酸フコイダンの飲用量フコイダンの選び方フコイダンのQ&Aがんの予防方法
Copyright (C) フコイダンを始めよう。  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです